ひろげよう人権|東京人権啓発企業連絡会

書籍紹介

お薦めする人権関係図書です。書籍紹介の「内容の概略」は出版社の紹介文を引用しています。

人権全般

差別の日本近現代史
~包摂と排除のはざまで~
著者 黒川 みどり
藤野 豊
出版 岩波書店
定価 2,400円
発行 2015年3月
被差別部落、女性、ハンセン病回復者、障害者、アイヌ民族、在日韓国・朝鮮人、沖縄・・・なぜ日本には今なおさまざまな差別が存在するのだろうか。差別の根源に、多種多様な人びとを近代的な価値観へ囲い込み、そこからはみ出す者を排除する社会の枠組みが存在することを、具体的な差別のあり方の変遷を辿りながら描きだす
差別の現在
~ヘイトスピーチのある日常から考える~
著者 好井 裕明
出版 平凡社
定価 840円
発行 2015年3月
在日朝鮮人の生活の現実を全面的に否定・排除しようとする「ヘイトスピーチ」のお練りが繰り返され、サッカースタジアムの横断幕など差別的な事件はあとを絶たない。その日常の中で、差別を考えること、差別する自らの可能性を見据えることが、より豊かな他者理解、他者との関係をより豊かに生きることにつながることを説く。ジェンダー、障害者の描かれ方、当事者研究などを切り口に、多様な差異をもつ他者とつながる道を指し示す
教育 Do it!
~動詞で考える学級・学校づくりのヒント~
著者 明石 一朗
出版 解放出版社
定価 1,300円
発行 2015年2月
人権教育の長年の体験をもとに、昨今のさまざまな教育事情や教育問題の基本、現場教師の本音などを、ユーモアを交えてつづるエッセイ。人権教育の「魂」を伝える

一覧へ戻る